1. ホーム >
  2. 秘書検定について >
  3. 概要
秘書検定について
 

概要

秘書検定について

秘書検定は「人柄育成」をめざしています。
「人柄」のいい人とは、その人と会って話したときやその人を見たときに、感じがいいなと感じられる人のことです。

秘書検定 こんな方にオススメ!

就活を控えた学生

秘書検定は、オフィスで気持ち良く仕事をするための心構えや職場常識、ビジネスマナーなど、社会人として必要な知識や技能が問われる検定です。
秘書検定を通して学ぶことで、感じのよいあいさつ、きちんとした話し方が出来るようになり、就職活動に役立ちます。

現役秘書の方

秘書検定を受験された現役秘書の方から、「仕事を進めるときに迷わなくなった」「判断力を養えた」という声を聞きます。これから秘書として活躍する方はもちろん、自身の知識を再確認したい方、応対のバリエーションを増やしたい方など、ステップアップにおススメです。
 

ビジネスマナーを身に付けたい方

ビジネスマナーをきちんと教えてもらう機会は少なく、知っていてあたり前とされています。きちんとした応対が出来る人はステキですよね。正しい敬語、感じのよい来客応対、贈答のしきたりや丁寧な電話応対など秘書検定で体系立てて覚えましょう。

自分に自信をつけたい方

秘書検定の受験を通じて、仕事の優先順位の付け方、機転の利かせ方、またきちんとした話し方や立ち居振る舞いが身に付けば、今よりもっと自分に自信が持てるようになります。
合格者の7割が「仕事に自信が持てた」「仕事上役立っている」と答えています!
 

 

ページ上部に戻る

概要

試験形式

筆記試験問題には選択問題と記述問題があります。

3級と2級 35問中31問(9割)が選択問題で、4問(1割)が記述問題
準1級 23問中14問(6割)が選択問題で、9問(4割)が記述問題
1級 17問が記述問題(理論で、選択問題が出題されることがあります)

受験料

3級 2,600円 1級 6,100円
2級 3,800円 3級+2級(併願) 6,400円
準1級 4,900円 2級+準1級(併願) 8,700円

受験申し込み受付書店

こちらの書店で受験申込ができます→ http://jitsumu-kentei.jp/HS/store_list

ページ上部に戻る

試験範囲

筆記試験問題は5つの領域に分かれています。「理論」と「実技」に区分され、それぞれの得点が60%以上正解のとき合格となります。
また、準1級と1級は筆記試験に合格すると面接試験もあります。

必要とされる資質

秘書の仕事は上司の仕事の補佐です。上司の仕事を理解し、気配りと臨機応変な対応能力が問われます。

 

職務知識

上司の仕事に専念してもらうために、上司の仕事をどのように補佐するかなど、秘書特有の仕事の仕方について問われます。

 

一般知識

ビジネスの場で使用される経済用語・時事用語など社会常識的な言葉を問われます。

 

マナー・接遇

人に接する場面で心得ていなければならない基本的なことを学びます。言葉遣い、来客応対、交際業務、慶弔時マナーなどが問われます。

 

技能

事務的な仕事の仕方を学びます。文書作成、受発信業務、ファイリング、スケジュール管理、事務用品、オフィスの環境整備などが問われます。

 

ページ上部に戻る